フリーランスが苦労する適した仕事探し

フリーランスのエンジニアにとって最も苦労するのは自分のスキルや適性に合った仕事を獲得することである。エージェントの利用が広まったことによって、エージェントにヒアリングを行ってもらって自分の能力について理解をしてもらい、それに合った仕事を紹介してもらうことができるようになったのだ。

しかし、こういったビジネスマッチングには必ず仲介をするエージェントが持つバイアスの影響が生じてしまうことに加え、実際に仕事をしているのを見たことのないエンジニアの仕事ぶりを推察するのも容易なことではないため、必ずしもきれいにマッチングが行われるとは限らないのだ。

そのため、実際には適性のない仕事を否応なく受けざるを得ないという状況になってしまうことも少なくないのである。エージェントサイトでは求人募集が掲載されていて、それを閲覧して自分で選んで応募できる場合もある。しかし、そういった募集広告に記載されている仕事の内容は抽象的であり、実際に面接に行ってみないと自分に合っている仕事かどうかが判断できないのが普通なのだ。そういった状況があるため、自分に合った仕事探しは困難を極めるのである。

徐々にエージェントに自分の能力を理解してもらうことができて状況が改善する。しかし、その状態に辿り着くまでにはあまり自分に適性がない仕事をなんとかこなしていかなければならないのがフリーランスのエンジニアの多くが苦労する点なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です